新世界秩序 /New World Order

優れたマイノリティが大衆を管理する世界政府


概要


「新世界秩序(ニューワールドオーダー)」は、イルミナティが計画している世界。新世界秩序では、グローバリストやイルミナティが地球全体を統治し、コントロールする。

 

彼らの目論見は単一の「世界政府」の樹立だ。

 

すべての権力は中央に集められ、国民国家は一つもなく、宗教はそのような全体主義の新世界秩序に慎重に組み入れられ、管理される。

 

新世界秩序では「監視社会」が大きな特徴となる。個人IDとビッグテックが構築する情報ネットワークとユニバーサルなガジェット製品を組み合わせ人々をコントロールする。さらに進むと、マイクロチップを身体に埋め込んで遠隔監視するようになる。

 

また、優れた少数のマイノリティが、増えすぎた粗悪なマジョリティを殺し、家畜化してコントロールするために人口削減計画を進めている。

監視社会


新世界秩序では、ビッグテックを中心とした監視産業複合体が中核をなすエリート集団が、個人IDやテックサービスのアカウントと商品やサービスに取り付けられたコードを紐付けて個人情報を監視、管理する。

 

体制側が決める最適な社会規範に合致しているかどうか、常に測定・管理される社会体制が新世界秩序の特徴である。ワクチンパスポートはその先鞭となる。

 

保険会社や医療関係者は、顧客に保険料を支払うように要求するだけでなく、保険会社のリスクを最小限にするために、顧客が設定された規範に従っているかチェックするためにナノ粒子を用いたマイクロチップを身体に埋め込む。

 

皮下に埋め込まれた電子タグやマイクロチップを通じて、遠隔から個人の体温、血圧、酸素量、体重、投薬、アルコール・テスト、体脂肪測定、心電図、月経の周期、セックスやオルガスムの回数をチェックして臓器機能を監視する。

 

身体の状態を監視するだけなくマイクロチップは直接薬を投与することもできる。悪い箇所を治療し、癌の兆しを破壊し、脳や身体の老化に対抗するために、血液中にマイクロチップを放出する。mRNAワクチンはマイクロチップ医療の1つである。