貸本

貸本

下層庶民を読者対象にしたレンタル形式の本


概要


続きを読む 0 コメント

COM

COM

手塚治虫編集 エリートのための前衛漫画雑誌


概要


続きを読む 0 コメント

坂田鏡子

坂田鏡子

岡山の緑魔子


概要


続きを読む 0 コメント

見世物小屋

見世物小屋 / Freak show

畸形の人たちのエンタテイメントショー


概要


フリークショーとは“自然の畸形(freaks of nature)”と呼ばれる生物学的希少性を呼び物にしたショーのこと。日本語では見世物小屋に相当するものである。ショーで呼びものとなるのは、観客に衝撃を与える標準的な身体を持っている人々。巨人、小人、両性具有者、奇病の患者、全身に入れ墨を入れた者、また全身にピアスを入れた人、そして火を食べたり吹いたり、口に剣を突き刺す奇怪なパフォーマンスを行う人々たちのショーである。

続きを読む 0 コメント

【バンド】水色赤「浮世歌謡 情捻怨歌」

水色赤

浮世歌謡 情捻怨歌


概要


続きを読む 0 コメント

黒色すみれインタビュー

黒色すみれインタビュー

東京アンダーグラウンドが産んだ双子



黒色すみれは、日本の音楽家。2004年に『ぜんまい少女箱人形』でCDデビュー。クラシック音楽を基調に、フランスのシャンソン、日本歌曲や大正ロマンのテイストをミックスさせたノスタルジックな楽曲が多く「ネオクラシックユニット」と銘打っているが、そのオリジナリティの高さから「オルタナティヴミュージック」と分類されることがある。

 

その独自の世界観が認められ2007年〜2009年にはヨーロッパツアー、アメリカのフェスティバルにも招待されている。 東京都内での演奏活動を中心としながらも、演劇作品や映画、アニメ-ション作品への楽曲提供・出演、ファッションモデルなどその活躍は多岐に渡っている。

 

アンダーグラウンドのフィールドで活躍してきた二人だったが、近年では黒色すみれの完成された世界観と音楽技術の高さにメディアが注目し、テレビの音楽番組への出演も頻繁になる。 フジテレビ「MUSIC FAIR」出演時に披露した「幸福な王女さま」は日本中を新しい音楽の世界に引き入れた。 他にも同番組で由紀さおり、氷川きよしなど実力派アーティストとコラボレイトしている。

黒色すみれの名前の由来は?

続きを読む 0 コメント

【地下アイドル】ルアン「アングラ・サブカル女子高生」

ルアン

電影と少年CQのおかっぱ少女


概要

続きを読む 0 コメント

シャム双生児

シャム双生児 / Siamese twins

身体が結合した状態にある双子


概要


シャム双生児とは身体が結合した状態にある双子のこと。医学名では結合双生児という。出生確率は極めて低く、4万9000から18万9000の出生あたりに1組程度の割合で、東南アジアとアフリカで発生率はやや高くなるという。出生した双生児の半分は死産であり、さらに3分の1が出生後24時間以内に死亡する。生き残りやすいのは女性の双生児で、死産しやすいのは男性の双生児である。

 

結合双生児の発生を説明する理論は2つある。もっとも一般的な理論は受精卵が完全に分離せず、部分的に分離して発生するというものである。もう1つは、今では顧みられていない理論だが、一度受精卵は完全に分離するものの、同じ細胞を探し出す幹細胞が、ほかの双子の幹細胞を見つけて再び融合するという理論である。結合双生児は単一の共通の絨毛膜、胎盤、羊膜腔を共用する。

 

最も有名な結合双生児は、シャム(現在のタイ)のチャン&エン・ブンカー兄弟(1811–1874),である。2人はアメリカのサーカス興行師であるP・T・バーナムのサーカス団に長年にわたり参加し、“シャム双生児”というキャッチが与えられ、世界中で有名になった。“シャム双生児”という言葉の由来となったのがこの兄弟である。2人は胸部と腹部の中間付近で結合していた。現代の医学であれば2人は簡単に分離手術ができているという。

続きを読む 0 コメント

【見世物小屋】パスカル・ピノン「20世紀初頭に活躍した2つの頭を持つ男【フリークス】

パスカル・ピノン / Pasqual Pinon

20世紀初頭に活躍した双頭の見世物芸人


パスカル・ピノン
パスカル・ピノン

概要


もう1つの頭はフェイク

続きを読む 0 コメント

丸尾末広が手がけたCD・アナログレコードのジャケット画

丸尾末広はロックバンドのレコードジャケットやCDジャケットも多数てがけている。このページでは丸尾末広の音楽関連の仕事を記録していく。

ザ・スターリン「虫」

日本のロック史に残る偉大なジャケット画


ザ・スターリン「虫」(1983年)
ザ・スターリン「虫」(1983年)

『虫』は1983年4月25日にリリースされた日本のハードコアパンクバンド「ザ・スターリン」のサード・アルバム。LPジャケットの表面は丸尾末広のイラストが採用されている。中心の人物は1960年の上映映画『危うし!快傑黒頭巾』のポスターから引用したもので、額部分に星マークが付け加えられている。背景は何か戦争写真のようですがちょっとわかりません。

続きを読む 0 コメント

パンク

パンク・ロック / Punk rock

メインストリームに反発するロック・ミュージック


概要


続きを読む 0 コメント

【自費出版】ZINE「少部数の非商業的出版物」

ジン / Zine

小部数の非商業的出版物


「ZINE」の初期はロックやパンクの音楽ファンの間で発展した。
「ZINE」の初期はロックやパンクの音楽ファンの間で発展した。

概要


続きを読む 0 コメント

【バンド】プッシー・ライオット「ロシアン・フェミニスト・ロック」【反プーチン】

プッシー・ライオット / Pussy Riot

プーチンに反発するフェミニズム・ロック集団


概要


続きを読む 0 コメント

【バンド】母檸檬「昭和を愛し赤色を愛す 我は片輪の檸檬なり」【アングラ】

母檸檬 / haharemon

昭和を愛し赤色を愛す 我は片輪の檸檬なり


概要


続きを読む 0 コメント

【作品解説】丸尾末広「瓶詰の地獄」

瓶詰の地獄

夢野久作の短編を漫画化


丸尾末広『瓶詰の地獄』
丸尾末広『瓶詰の地獄』

概要


続きを読む 0 コメント

プリカソ

プリカソ / Pricasso

ペニスや金玉を筆代わりにして描く芸術家


概要


続きを読む 0 コメント

【作品解説】丸尾末広「パノラマ島奇譚」

パノラマ島奇譚

視覚化不可能といわれた乱歩の名作に挑戦!


概要


続きを読む 0 コメント

【作品解説】丸尾末広「薔薇色ノ怪物」

薔薇色ノ怪物

丸尾末広の記念すべき第一作品集


概要


続きを読む 0 コメント

【作品解説】丸尾末広「芋虫」

芋虫

江戸川乱歩原作の「芋虫」を忠実に漫画化


概要


続きを読む 0 コメント

【作品解説】丸尾末広「カリガリ博士復活」

カリガリ博士復活

ドイツ表現主義の古典をアレンジした初期作品


概要


続きを読む 0 コメント