漫画/イラストレーション

【根本敬補完計画】1.ごく簡単なプロフィール
根本敬(ねもとたかし/ねもとけい)  1958年東京生まれ。東洋大学文学部中国哲学科中退。『ガロ』1981年9月号「青春むせび泣き」にて漫画家デビュー。活動の場は多岐に渡り、かつての『平凡パンチ』から『月刊現代』、進研ゼミの学習誌からエロ本まで。  自称・特殊漫画家。他にイラストレーション(しばしば便所の落書きと形容されるドギツク汚らしい)、文筆、映像、講演、装幀等頼まれた仕事は原則的に断らない。主著に『生きる』『因果鉄道の旅』他多数。
高妍は台湾のイラストレーター、漫画家。細野晴臣の歌からインスピレーションを得て、台湾の若者の心情を描いた漫画『緑の歌』で注目集めるようになる。2021年、日本で最も注目される台湾のイラストレーターである。 その作品は、作詞家・松本隆の手に渡り、SNSで言及したことから日本でも注目され、マンガシックが日本語版を制作。 2020年に文藝春秋から村上春樹のエッセイ『『猫を棄てる 父親について語るとき』で表紙と挿絵を担当し、日本で本格的にイラストレーターとしてのキャリアを開始。 同年、短編漫画集『間隙・すきま』を発表。2018~19年にかけて、彼女は美術の勉強のために沖縄に留学しており、そのときの体験を凝縮した一冊。

A ee mi(アーイミー)は台湾のイラストレーター、漫画家。サイケデリックでカラフルな色彩と形態でファンタジックな世界を描き出す。台湾文化や社会問題を主題にした作品を描く事が多いアクティビティストでもある。 A ee miは、ニューヨークで芸術分野の修士号を取得し、短期間の就労を経て、2017年に台湾に戻る。その後は自分の心の声に耳を傾け、男女同権や同性結婚、政治といった社会的な問題を主題としたイラストレーターとして注目集めるようになる。 以前は政治や社会問題に関心がなかったが、台北で発生したひまわり学生運動や香港でも反政府デモに影響を受け、現在の作風になったという。 そのため、一見すると欧米のサイケデリック・アートの文脈で評価もできるが、台北独自の美的感覚や文化、場所など土着要素が強く含まれている。万華区のカラフルな看板やネオン、昔ながらのマッサージ店や理髪店など風情ある町並みは作品に大きく影響を与えている。
靈子同學は台湾のイラストレーター、タトゥーアーティスト。手描きのドローイングにシールや新聞、雑誌などの断片を装飾的に貼り付けて制作している。ポートレイト画が多いイラストレーターの中でも、彼女は少女の妄想部屋のようなシュルレありスティックな空間表現が巧みなのが特徴。

リトルサンダー(1984年4月17日生まれ)は香港を基盤に活動している漫画家、イラストレーター。中文名は門小雷。 高校卒業後、香港の雑誌やイラストレーションや漫画を描いて活動を始める。その後、Instagramなどインターネットプラットフォームを積極的に活用して作品を発表し、多くの支持を得るようになった。 2019年7月に作品集「SISTERHOOD」(玄光社)を日本で出版。わずか3ヶ月で3刷りとなるほどの好評を博した。作品集の発売に合わせて、原宿のギャラリー・ルモンドにて「個展「PEEK」を開催。 また、同年7月に6年ぶりに漫画作品「WAKAME AND WAVE AND INFINITY」を香港で出版。長らく漫画活動を停止していたが、本作を機に漫画家再起を誓った。
蛭子能収(1947年生まれ)は日本の漫画家、タレント。長崎県出身。長崎商業高校卒業後、地元の看板屋に就職。70年に上京し、チリ紙交換やダスキンのセールスマンとして働きつつ、漫画家を目指す。 73年、漫画雑誌「ガロ」に『パチンコ』が掲載され漫画家デビュー。80年、33歳で漫画家専業に。ヘタウマな作風が人気を博す。 80年代後半からはタレントとしても活躍。TV番組に欠かせない存在となる。主な著書に『蛭子能収コレクション』『蛭子の論語』『蛭子能収のゆるゆる人生相談』などがある。

リトルサンダー(1984年4月17日生まれ)は香港を基盤に活動している漫画家、イラストレーター。中文名は門小雷。 高校卒業後、香港の雑誌やイラストレーションや漫画を描いて活動を始める。その後、Instagramなどインターネットプラットフォームを積極的に活用して作品を発表し、多くの支持を得るようになった。 2019年7月に作品集「SISTERHOOD」(玄光社)を日本で出版。わずか3ヶ月で3刷りとなるほどの好評を博した。作品集の発売に合わせて、原宿のギャラリー・ルモンドにて「個展「PEEK」を開催。 また、同年7月に6年ぶりに漫画作品「WAKAME AND WAVE AND INFINITY」を香港で出版。長らく漫画活動を停止していたが、本作を機に漫画家再起を誓った。
出典元:『ガロ』1991年2・3月号 手塚:・・・・・・そういえばちゃんと墓参り行ってるの? 根本:何?水子の? 蛭子:違うよ水子じゃないよアレでしょ?ファンクラブの。 根本:あー、アレか、ファンクラブ会長の! 蛭子:いやそのさ、同じところにさ、うちの女房の両親の墓をたてたんだよ。...

『ガロ』で好評連載だった「ねこぢるうどん」。作者であるねこぢること前山野夫人と山野一氏のインタビュー。山野氏の「ねこぢるうどん」への関わり方や発想の源、そして山野漫画の基盤を語る。
『ガロ』で好評連載だった「ねこぢるうどん」。作者であるねこぢること前山野夫人と山野一氏のインタビュー。山野氏の「ねこぢるうどん」への関わり方や発想の源、そして山野漫画の基盤を語る。

さらに表示する