医学

【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」3
医学 · 10日 5月 2021
Covid-19のパンデミックは、1年以上にわたって世界中の人々の生活を混乱させている。死者の数はまもなく300万人に達すると言われている。しかし、パンデミックの起源はいまだに不明である。政府や科学者の政治的な思惑で曖昧な雲が厚く立ち込めており、マスコミはそれを払拭することができないようだ。 以下では、何が起きたのかか多くの手がかりが明らかになっている科学的事実を整理し、読者が自ら判断できるような証拠を提供していく。その上で、中国政府に始まるものの、中国政府をはるかに超えて複雑な責任問題を吟味してみたいと思う。 この記事を読み終える頃には、ウイルスの分子生物学について多くのことを学んだと感じるのではないだろうか。私は、この経緯をできるだけ簡易に解説したいと思っている。しかし、このウイルス分子生物学を避けることはできない。なぜなら、今のところ、そしておそらくこれからもずっと、この科学は迷路を抜ける唯一の確かな糸を提供してくれるからだ。
【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」1
医学 · 09日 5月 2021
Covid-19のパンデミックは、1年以上にわたって世界中の人々の生活を混乱させている。死者の数はまもなく300万人に達すると言われている。しかし、パンデミックの起源はいまだに不明である。政府や科学者の政治的な思惑で曖昧な雲が厚く立ち込めており、マスコミはそれを払拭することができないようだ。 以下では、何が起きたのかか多くの手がかりが明らかになっている科学的事実を整理し、読者が自ら判断できるような証拠を提供していく。その上で、中国政府に始まるものの、中国政府をはるかに超えて複雑な責任問題を吟味してみたいと思う。 この記事を読み終える頃には、ウイルスの分子生物学について多くのことを学んだと感じるのではないだろうか。私は、この経緯をできるだけ簡易に解説したいと思っている。しかし、このウイルス分子生物学を避けることはできない。なぜなら、今のところ、そしておそらくこれからもずっと、この科学は迷路を抜ける唯一の確かな糸を提供してくれるからだ。

【新型コロナの真相】ニコラス・ウェイド「COVIDの起源:手がかりを探る」2
医学 · 09日 5月 2021
Covid-19のパンデミックは、1年以上にわたって世界中の人々の生活を混乱させている。死者の数はまもなく300万人に達すると言われている。しかし、パンデミックの起源はいまだに不明である。政府や科学者の政治的な思惑で曖昧な雲が厚く立ち込めており、マスコミはそれを払拭することができないようだ。 以下では、何が起きたのかか多くの手がかりが明らかになっている科学的事実を整理し、読者が自ら判断できるような証拠を提供していく。その上で、中国政府に始まるものの、中国政府をはるかに超えて複雑な責任問題を吟味してみたいと思う。 この記事を読み終える頃には、ウイルスの分子生物学について多くのことを学んだと感じるのではないだろうか。私は、この経緯をできるだけ簡易に解説したいと思っている。しかし、このウイルス分子生物学を避けることはできない。なぜなら、今のところ、そしておそらくこれからもずっと、この科学は迷路を抜ける唯一の確かな糸を提供してくれるからだ。
【コロナワクチンの真相】ソーク研究所「新型コロナウイルスのスパイクタンパク質がさらに重要な役割を果たしている」
医学 · 08日 5月 2021
最近、ソーク研究所から発表された衝撃な研究についてお話ししたいと思います。そのページの名前は「novel Coronavirus spike protein plays additional key role in illness」というものでソーク研究所のドメインです。2021年4月30日にアップされました。日本語に訳すと「新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が、さらに重要な役割を果たしている」です。

【コロナワクチンの真相】RNAワクチンの真相「スパイクタンパク質自体が血栓症や炎症を引き起こす」
医学 · 07日 5月 2021
今海外で話題になっている論文『The SARS-CoV-2 spike protein alters barrier function in 2D static and 3D microfluidic in-vitro models of the human blood–brain barrier』ではRNAを含まないスパイクタンパク質でも上気道炎・気管支炎・肺炎・肺水腫・血管の炎症などが起こる という報告がされている。
【経歴・解説】マリク・ピーリス「コロナのEタンパク質を熟知している世界的科学者」
医学 · 26日 4月 2021
マリク・ピーリス(1949年11月10日生まれ)はスリランカの病理学者、ウイルス学者。長年、香港を拠点に活動している。 研究テーマは、動物とヒトの間のインフルエンザやその他の呼吸器系ウイルス感染症の生態、進化、病原性、疫学などでこれまで320以上の研究論文を発表している。ピーリスは、科学界ではSARSウイルスを世界で初めて分離した人物として評価され、彼の論文は11,000回以上引用されており、最も引用される世界の科学者の一人と認識されている。 現在は香港大学公衆衛生研究所の譚華正基金教授として、特に動物・ヒト間で伝染するコロナウイルスのような新しく出現したウイルスを研究している。

【異端科学】ヒドロキシクロロキン経口投与とポビドンヨード喉スプレーはCOVID-19予防に好影響
医学 · 21日 4月 2021
既存の認可された薬物療法がコロナウイルス感染症2019(COVID-19)の拡大を抑制できるかどうかを検討した。 出典:国立バイオテクノロジー情報センター 公開時間:2021年4月14日 国立バイオテクノロジー情報センター(NIH)によって承認されたシンガポールからの最新の研究結果。 COVID-19予防(中国共産党ウイルス)に対する経口ヒドロキシクロロキンおよびポビドンヨードののどスプレーは好影響が見られた。 非盲検無作為化試験。国立バイオテクノロジー情報センターは、国​​立衛生研究所の支部である米国国立医学図書館の一部です。これは、米国政府によって承認され、資金提供されている。
【要約】ジャック・アタリ「命の経済」
医学 · 18日 4月 2021
人類は悪夢を乗り越えようとしているようだ。それは、悪夢が終わり、危機が発生する以前の世界に戻ることだと考えている。しかし、このパンデミックが自然に、あるいは治療薬やワクチンのおかげで魔法のように急速に終息したとしても、われわれがパンデミック以前の世界に戻ることはあり得ない。 現在ほとんどすべての政府が、ショックから現実否認、現実否認から先延ばしへと移行し、挙げ句の果てには思考停止状態に陥っている。本格的な戦時体制を敷こうという国が存在しないことに疑問を感じる。 以前の世界に戻ることを夢見る多くの人々に怒りさえ覚える。そうした以前の世界に戻ろうとする態度が逆にパンデミックを悪化させているのだ。

性科学「人間の性的関心、行動、機能などを対象とする科学」
医学 · 18日 4月 2021
性科学とは、人間の性に関する科学的研究であり、人間の性的関心、行動、機能などを対象とする。性科学者は、生物学、医学、心理学、疫学、社会学、犯罪学など、さまざまな学問分野を横断しそれらを統合的に活用している。 なお、性科学は、政治学や社会評論などの非科学的な性の研究を指すものではない。研究テーマは、性的発達(思春期)、性的指向、ジェンダーアイデンティ、性的関係、性的活動、性的倒錯(フェティシズム)、異常な性的関心事などである。 また、子どものセクシュアリティ、思春期、青年期のセクシュアリティ、高齢者のセクシュアリティなど、生涯にわたるセクシュアリティも研究の対象に含まれている。 ほかに、精神的・身体的障害者の性についても研究している。勃起不全、無オルガスム症、小児性愛などの性的機能不全や障害についても、性科学的に研究することが主流となっている。
【異端科学】石正麗(石正丽)「SARSの感染源であるコウモリを発見した科学者」
医学 · 15日 4月 2021
石正麗(簡体字:石正丽,ローマ字:Shi Zhengli、1964年5月26日生まれ)は中国のウイルス学者。SARSに似たコウモリ由来のコロナウイルスを研究している。武漢ウイルス学研究所(WIV)の新興感染症センターを統率している。 2017年、石と同僚のCui Jieは、SARSコロナウイルスが、雲南省西陽彝族郷の洞窟に生息するキクガシラコウモリの集団に由来する可能性が高いことを発見した。 COVID-19パンデミックの際には「蝙蝠女」として、コウモリのコロナウイルスに関する研究を行い、一般紙でも注目された。石は「タイム」誌の「2020年に最も影響力のある100人」に選ばれた。

さらに表示する