医学

【異端科学】賀建奎「人類で初めて遺伝子編集された赤ちゃんを作成」
医学 · 07日 4月 2021
賀建奎(英語:He Jiankui、1984年生まれ)は中国の生物物理学者。中国、深センの南方科技大学生物学部の准教授を務めていた。 テキサス州ライス大学でCRISPRを含むタンパク質の進化に関する博士号を取得した後、カリフォルニア州のスタンフォード大学で博士研究員として遺伝子編集技術(CRISPR/Cas9)を学ぶ。 賀建奎は2018年11月に、人類初の遺伝子編集された赤ちゃん「露露」と「娜娜」で知られる双子の女の子を作ったことで広く知られるようになった。
【経歴・解説】 閻麗夢(闫丽梦)「中国共産党とWHOの疫病隠蔽の協力を告発」
医学 · 05日 4月 2021
閻麗夢/閆麗夢(ヤン・リーマン,Li-Meng Yan)は中国のウイルス学者。簡体字では闫丽梦。ローマ字ではLi-Meng Yan。 中国共産党がCOVID-19を公言するよりもかなり前に病気を知り、7月にFoxニュースで中国共産党がWHOを協力しての疫病隠蔽を告発したことで有名になった。 彼女の告発によれば、中国共産党は昨年12月に新しいコロナウイルスの存在を知っていたと述べ、また当時、27人だけでなく40人以上が感染していたと述べている。人から人へ感染する事実はすでに存在していたが、WHOは1月中旬まで中国共産党と協力してそれを隠し、1月20日まで認めなかった。 閆麗夢は、中国の中南大学で学士号と医学博士号を取得し、中国の南方医科大学で博士号を取得。おもな研究論文としては、「アルカリ誘発性傷害マウスモデルにおける角膜新生血管形成に対するプロプラノロールの阻害効果の研究」などがある。 COVID-19パンデミック発生時には、香港大学香港公衆衛生学院に勤務し、ウイルス学と免疫学を専門とする研究を行っていた。

【異端科学】グンター・フォン・ハーゲンス「プラスティネーション技術の発明者」
医学 · 04日 4月 2021
グンター・フォン・ハーゲンス(1945年1月10日生まれ)はドイツの解剖学者。「プラスティネーション」と呼ばれる人体標本の保存技術を発明した人物と知られている。 ハーゲンスは自身や同僚の標本作品を展示するため世界中で数多くの「人体の不思議展(Body Worlds)」を企画し、ときにはライブデモンストレーションも行い、その教育的価値を広めるために世界中を旅している。 展示に使われた人体標本の調達先に関して賛否両論があるが、ハーゲンスは献体の提供者に対して生前にインフォームド・コンセントがなされていることを主張しており、そのことを示す広範な文書が公開している。 2011年に、パーキンソン病で自身の死期が近いことを公表し、死後、自身の体をプラスティネーション標本にして、さまざまな場所で永久展示することを希望している。
シモン・ゴールド医師「ヒドロキシクロロキンその効果を研究」インタビュー
医学 · 05日 1月 2021
新型コロナウイルスがアメリカに入ってきた当時、ゴールド医師は救急外来で働いていた。そのため、新型コロナウイルスが米国に入ってくる前から注目していた。どうやってそれが中国やイタリアで発生したか関心があったのです。米国に来るともわかっていました。 私達はあらゆる医学雑誌、研究論文、記事を読んでいました。私は一般の米国人ほど恐れていなくて、救急医として対処方針を立てていたし、対処能力もあったからです。準備は万全でした。 私達は病院で幾度も会議を開き、いろいろ新型コロナウイルス対策を立てました。新型コロナウイルスに関して事前に調べていたので、それに効く薬がヒドロキシクロロキンであることはわかっていました。ほとんどの米国人は知らないことですが、クロロキンがよく効くだろうことが15年前から分かっていたからです。

【新型コロナの真相】COVID-19薬剤開発「COVID-19の処方箋医薬品を開発するための調査プロセス」
医学 · 02日 1月 2021
COVID-19薬剤開発とは、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の重症度を緩和することを目的として、処方箋医薬品を開発するための調査プロセスである。 2020年11月までに、数百の製薬会社、バイオテクノロジー企業、大学の研究グループ、および保健機関が、前臨床研究または臨床研究の様々な段階で、COVID-19疾患のための500以上の潜在的な治療薬を開発している。 世界保健機関(WHO)、欧州医薬品庁(EMA)、米国食品医薬品局(FDA)、中国政府と製薬会社が学術・産業界の研究者と連携し、ワクチン、抗ウイルス薬、感染後治療薬の開発を加速させている。
【完全解説】ゼブ・ゼレンコ「トランプ大統領に影響を与えたヒドロキシクロロキン治療」
医学 · 25日 12月 2020
ウラジミール・ゼブ・ゼレンコは、ウクライナ生まれのユダヤ系アメリカ人医師。2000年にバッファロー大学医学部を卒業し、16年間ニューヨーク州北部の町モンローの医療機関で勤める。現在46歳。 ゼレンコ博士は、パンデミックの初期に抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)と硫酸亜鉛とアジスロマイシンの組み合わせで、村の患者を治療し始めたアメリカで最初の最前線の医師の1人として知られている。また、ドナルド・トランプ大統領がヒドロキシクロロキンに関心を持つのに決定的な影響を与えた人物として知られている。 ゼレンコ博士によれば、感染時に軽度または中等度の症状のある数百人の患者でこの3剤のカクテル治療を行った結果、患者の100%が入院も人工呼吸器も必要とせず回復したと主張している。 モンローの超正統派ユダヤ人コミュニティ、キリヤス・ジョエル村の成人人口の約75%のかかりつけ医として長年親しまれていたが、アメリカ医学界からキリヤス・ジョエル村のコロナウイルス感染率に関する偽情報を広めたとして非難され、ユダヤ人コミュニティを去ることになった。

【完全解説】シャム双生児「結合双生児」
医学 · 20日 12月 2020
シャム双生児とは身体が結合した状態にある双子のこと。医学名では結合双生児という。出生確率は極めて低く、4万9000から18万9000の出生あたりに1組程度の割合で、東南アジアとアフリカで発生率はやや高くなるという。出生した双生児の半分は死産であり、さらに3分の1が出生後24時間以内に死亡する。生き残りやすいのは女性の双生児で、死産しやすいのは男性の双生児である。
【異端医科学】ジャック・ケヴォーキアン「安楽死を奨励し実行したドクター・デス」
医学 · 18日 12月 2020
ジャック・ケヴォーキアン(1928年5月26日-2011年6月3日)はアメリカの病理学者、安楽死提案者。 末期患者の「死ぬ権利」を尊重し、「死の幇助」を公に支持した人物として知られており、少なくとも130人に死を幇助したと公表している。 そのため、メディア上でよく"ドクター・デス"というキャッチで紹介される。「死ぬことは罪ではない」と彼は話す。

医学 · 19日 6月 2019
デパスは日本の抗不安薬。成分名はエチゾラム。1984年に吉富製薬(現:田辺三菱製薬)が開発した純国産の薬で、現在日本国内での抗不安薬売上トップ。医者・患者の両方から高い支持を受けている。 日経メディカルOnlineの医師会員を対象としたアンケートで、抗不安薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ医師の58.7%がエチゾラム(商品名デパス)を挙げた。 デパスという名前はニ説あり、デプレッション(鬱)をパス(pass)する、または、病的状態から離れ(de)通り過ぎる(pass)、ところから命名された。
医学 · 20日 9月 2018
ラダン&ラレ・ビジャニ姉妹(1974年1月17日-2003年7月8日)はイランの結合双生児。彼女たちは頭部が結合していたが、特に障害も怒らず問題なく暮らしていた。しかし、2003年に分離手術を受けて2人とも亡くなった。偶然にも彼女たちはチャン&エン・バンカー兄弟が亡くなってからちょうど100年後に生まれている。

さらに表示する